カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ お客様の声 サイトマップ
RSS

ワインオープナー



op1
St.Hubertus & OAK BAY Estate Winery オーナーのアンディ氏。
今回、2016年10月に日本に輸入されたワインと一緒に、アンディ氏からワイナリーオリジナルのワインオープナーを日本の皆様にプレゼントして頂きまし た。



op2
 通常はご覧の通りシンプルなのでポケットに無理なく収まります。



op3
スクリュー部、フック部、ソムリエナイフ部を全て解放した状態



op4
スクリューが細く鋭いため、コルクをきちんとガードしますので、コルクがボロボロに崩れてしまったり、途中で割れてしまうことがありません。



op5
これがポイントです。スクリューをコルクに回し入れ、「さて抜くぞ!」というときに、右手前のフックをボトルの端にかけ、テコの原理で垂直に引き上げま す。次に左手先のフックをボトルの端にかけ直し、垂直に引き上げますと、コルクを痛めることなく、スムーズに抜く事が出来ます。



op6
ソムリエナイフももちろん装備されています。これは大変に便利です。
例えばアイスワインなどの高級ワインの場合、コルクの上部を硬質プラスチックで固めているワインがあります。
そこに直接スクリューを刺そうしても大変です。そのときは、このナイフの先端でぐりぐりと小さな穴を開けて行き、その穴にスクリューを差し込みます。
一般家庭用品として販売されているワインオープナーは、このナイフ部が付いていないものがほとんどです。

ページトップへ