カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ お客様の声 サイトマップ
RSS

ハイジが愛した白ワイン

sh002


このワインは・・・
 アルプスの少女ハイジが愛したワイン な のです!

St.Hubertus Estate Winery White wine Gewrztraminer


(ブドウ畑で大忙しの剪定技師のバーバラさん)
私がこの白ワインに私が出会ったのは2001年だっ たと思います。
セントヒューバータスワイナリーが作るワインを日本へ輸出し、日本で販売する仕事を立ち上げたとき、この白ワインは生産数が少なかったため、日本への出荷 ができませんでした。

もともと生産数が少ないということと、地元の市民のお気に入りワインのため、あっという間に完売してしまうため、なかなか思うように日本へ出荷する数を確 保できなかったからです。
その後、生産数が幾分ふえたことから、日本へ出荷できるようになりましたが、しかし、今でも現地ケロウナで完売してしまうときが多くて、思うように仕入れ ができない幻の白ワインです。

この白ワインを初めて飲ん だときのことは今でも良く覚えています。

私がワイナリーのテイスティングカウンターで、のこの白ワインを口にしたとき、その衝撃的なフローラルな香りと味わいで、私は言葉を失いました。

そのとき、ワイナリーのオーナーの奥さんのバーバラさんが、

「そりゃそうよ! これはハイジが愛したワインだからね!」

とお茶目にウインクしながら私に語ってきました。

「ハイジって知っている?」

バーバラさんの問いかけに、

「もちろん!日本でもアルプスの少女ハイジは有名ですよ!」

と、すかさず私は返答しました。

あれれ???
ハイジは子供だからお酒は飲めないはずだけど・・・?

と、そんな素朴な疑問を蹴散らすように、バーバラさんはニコニコ笑っていました。理由はすぐに分かりました。

このセントヒューバータスというワイナリーは、オーナーさんご家族はもとより、ワイナリーで働いている人たちは、みなさんスイス人なのです。ワインを作る ためにスイスからカナダに移住して、ワイン産地のケロウナにワイナリーを開いたのです。

バーバラさんは毎日忙しくブドウ畑を巡回しています。バーバラさんは凄腕の剪定技師ですから、ブドウの枝や葉の成育具合を見ながら、葉落としや枝きりをす るのです。私がワインの仕事を始めた当初、ワインのことを勉強するために、毎日このワイナリーに通っては、バーバラさんの助手として畑の作業をしていたこ とを懐かしく思い出します。

さて、私の師匠であるスイス人のバーバラさんが言うのですから、これは間違いなく「ハイジが愛したワイン」なのです。

2001年の春、私が「アルプスの少女ハイジが愛したワイン」に出会ったカナ ダでの思い出です。



このワインのご購入はこちらから


sh-003-3

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://blog.shopserve.jp/cgi-bin/tb.pl?bid=100006651&eid=41

ページトップへ