カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ お客様の声 サイトマップ
RSS

ワインフェスティバル 1

オカナガン秋のワインフェスティバルの模様
2001年秋 毎年開催されるオカナガンのワインフェスティバル
作者の私も契約先のワイナリーのスタッフとして参加しました。仕事上、取引関係のあるSt.Hubertusワイナリー社のスタッフという立場でケロウナ市とペンティクトン市で開催されたワインテイスティング会場に参加しました。


セントヒューバータスのオーナー・レオさん(写真奥)の補助役として、訪れたお客様にワインを注ぐのが私(滝澤)の仕事でした。会場に集まったお客さんは約800名。
ケロウナ会場は、予め限られた人々のみを対象に99年産、2000年産のワインを振る舞いながら、約3時間のテイスティング大会となりました。
2001年9月29日にケロウナ市で開催されたテイスティング大会はワインミュージアムが会場となり多くの来場者で溢れました。カナダの人々はワインに対する愛情が深く、特に地元で作られたワインの出来を確認したいという想いがあるのでしょう。真剣に、真面目にグラスを傾けている姿が特に印象的でした。
ケロウナ市の会場には、28社のワイナリーが出展しました。各ワイナリーがそれぞれ自慢のワインを持ち寄り、来場した方々に丁寧にワインを振る舞い、説明し、充分に味わいながら楽しい一時を過ごして頂くことに熱心に取り組んでいました。こうした地味な活動がワイナリーの魅力の一つだと思います。
ペンティクトン市の会場は、商業コンベンションセンターです。臨時のワイン即売コーナーも設けられ、訪れた全ての方に対して、気に入ったワインをその場で購入してもらえる配慮にしてあります。これは来場者にとっては嬉しいサービスですね。赤ワイン、白ワインが多く、アイスワインは少なかったですね。
オカナガンワインフェスティバルは地域のスポンサー企業の協力で開催されています。銀行、自動車販売会社、ホテルなどなど。特に珍しいのがカジノがスポンサーになっているということです。カナダのカジノは州政府の経営で公営公営です。臨時のカジノテーブルが設けられゲーム感覚で楽しめます。
これはとても嬉しい配慮です。お口直しに自由に食べることができるチーズとパンです。山盛り状態で数カ所に置かれていて気軽につまむことが出来ます。このチーズも地元オカナガンで作られた名製品で、大きなサイコロ状にカットされていました。あまりの美味しさのあまりに、私もついつい食べ過ぎました。
セントヒューバータスのスタッフと私です。当ワイナリーのテイスティングカウンターの中です。手前に試飲用のワインが勢揃いし、来場者のリクエストに応じて、グラスにワインを注ぎます。開場になる直前に撮影しましたので、まだ顔に余裕がありますね。さあ、これからが本番、仕事です。
ワインフェスティバルというものの、各ワイナリーが出品したワインは千差万別です。全てのワインを用意する訳でなく、それぞれのワイナリーが得意としている品種、自信のある品種のワインを出していました。アイスワインも出品してるワイナリーもあれば、あえて出品していない所もありました。
セントヒューバータスワイナリー社は、他のワイナリーが造っていない品種を用いる特徴があります。白ワインではシャスラー、バッカス、赤ワインではマーシャルフォッシュという品種です。ワイン通の方ですら、それら品種を知らないらしく、訪れた方々は皆さん珍しそうにテイスティングしていた姿が印象的でした。