カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ お客様の声 サイトマップ
RSS

 【超地産地消ワイン】     <送料無料/極上スイーツワイン> カナダ産・白アイスワイン ビオニエ2014年産 2017年9月輸入予定

 【超地産地消ワイン】     <送料無料/極上スイーツワイン> カナダ産・白アイスワイン ビオニエ2014年産 2017年9月輸入予定

価格:

8,600円 (税込)

[ポイント還元 86ポイント〜]
購入数:

在庫

在庫切れ

返品期限・条件 返品についての詳細はこちら
お客様の声へのリンク レビューはありません
この商品について問い合わせる
友達にメールですすめる

 ■原産地
BC州オカナガン地方ケロウナ市
アルコール度
10度
 ■商 品区分
白アイスワイン
容 量
200ml
 ■生 産元
セントヒューバータス
味 わい
極甘口
 ■品 種
V.Q.A ビオニエ 100%
生 産本数
900本


産地: カナダ ブリティッシュコロンビア州 ケロウナ
St.Hubertus Estate Winery White Icewine Viognier 2014
2006年以来、8年ぶりに収穫に成功しました。そして、じっくりと2年間の熟成期間を経て、2017年6月6日にボトリングを終え、10年ぶりにアイスワインとして誕生するに至りました。
特筆すべきは、この2014年産は約2年間の長期熟成を行なっているという点です。通常アイスワインを造るワイナリーでは、高価なアイスワインをさらに時間をかけて長期熟成させることはしていません。
果糖度45%の高純度な数値が示す通り、その味わいは表現できないほど感動的なハーモニーに包まれています。











超地産地消ワインとは・・・
毎年造られるワインは地元の市場だけで完売してしまいます。大量生産を避け、確実に現地市場だけで完売させることがカナダ産ワインの特徴です。そのため日 本の市場に出回ることがありません。私(滝澤)は1999年からこのワインの産地に住み、ワイナリーと交流を深め、生産数の限られた貴重なワインを日本に 輸出しています。



icewine
もっと詳しいアイスワインの説明

セントヒューバータスがもっとも得意とするワインが白のアイスワインです。
収穫するブドウのエリアを毎年変えているのです。同じブドウの樹で毎年アイスワインを造り続けると、ブドウの樹が痩せてしまい、養分や甘さを蓄えることができなくなってしまうからです。
オーナーのレオさんが、夏以降のブドウの生育具合を確認しながら、「よし!今年のアイスワインはこのラインで行なおう!」と決めるのです。その年、もっとも生育状態の良い樹を使ってアイスワインを造るため、このワイナリーのアイスワインは、他のワイナリーのアイスワインよりも毎年、高い果糖度を抽出し、出来栄えの良さにおいては他の追随を許していません。


セントヒューバータス・エステイトワイナリーのアイスワインの収穫は、年にたった1度だけです。
収穫時の気温がマイナス8度からマイナス15度の間でなければ、アイスワインが造れません。
ブドウの実が天然状態で完全氷結すると、果実内の水分は凍ります。しかし、ブドウの果糖エキスはマイナス15度までは凍りません。水分と果糖の氷点の違いが、マイナス8度から15度の間なのです。
収穫したブドウは、その後すぐに圧搾されます。水分は凍っていますから、かき氷のような状態になりますが、果糖エキスだけはポタポタと零れ落ちてくるのです。この僅かな果糖エキスだけを醸造したものがアイスワインになるのですが、通常のワインを造る量のブドウから僅か10%程度しか造ることができません。


このワイナリーは、アイスワイン造りに並々ならぬ情熱と神経を注いでいます。収穫は早朝4時からはじまり、プロの作業員や熟練したボランティアの手によって慎重かつスピーディーに行なわれるのです。
風雪にさらされ氷結したブドウの房には、枯れ葉や枯れ枝が絡みついている場合が多く見られますが、こうした不純物を除去せずに氷結ブドウと一緒に圧搾してしまうと、苦味のもととなり、アイスワインの甘さのレベルを落としてしまうのです。
不純物を丁寧に除去しながら、アイスワインになるために必要な氷結ブドウだけを収穫することで、甘さが高レベルなアイスワインを生み出すことができるのです。多くの労力を必要とする収穫、生産方法なだけに、大量生産ができませんから、アイスワインは少量となり、世界的に貴重な高級デザートワインとして人気を博しているのです。






 私(滝澤)が厳選した取扱ラインナップを揃えています!




1999年にカナダに移住した私は、ワインの産地オカナガン地方ケロウナ市に住み続けながら、ワイン畑の作業、ワイナリー醸造所、アイスワイン収穫、ワインフェスティバルで現場の経験を重ねながら、カナダ産ワインの専門家として、日本市場にカナダのワインを広げることをライフワークにしています。

(ケロウナ、バンクーバー両在住)